出会い系サイトで気付いたら自分が加害者になってしまう場合とは?

出会い系サイトというのは、楽しい出会いを誰でも簡単にゲットが出来るという事で大変人気があります。
普段はあまり異性と親しくなれないという人でも、恋人やセフレを作ることが出来るので、出会い系サイトにハマる人は多いといえます。
そんな出会い系サイトでは、もちろんトラブルも多々あります。
主には、無駄にお金を使わされてしまったり、冷やかしなどにあってしまったりと被害者になってしまうことですが、中には自分がいつの間にか加害者になってしまうという事もあります。
もちろん被害者になるのは絶対に嫌ですが、悪気がなかったのに加害者になってしまうというのも怖い話です。
被害者ならばサイトや相手を責めることが出来ますが、自分が加害者となると、逆に責められる立場になりますし、下手すれば訴えられるという事もあります。
ネット上では、誰でも簡単に犯罪者になってしまいますから、自分が加害者にならない為に注意をして利用をしなければなりません。

■誹謗中傷はNG

出会い系サイトを利用していると、自分とは合わないような人と出会うことも沢山あります。
しかも、文字と文字のやり取りというのは、本当に自分が伝えたかった本意とは違うように解釈をされてしまい、相手が不快になってしまうこともあります。
そういうことから、売り言葉と買い言葉のように、言い争いになってしまうこともあります。
この手の言い争いというのは、売り言葉を言われた時点では被害者ですが、買い言葉を言った時点で自分も加害者になってしまうのです。
どちらが先に言ったかというのはそんなに重要ではありません。
仮に、自分が傷つくような事を言われてしまったら、無視をしてサイトに通報をするというだけにしておきましょう。

■リベンジポルノは重大な犯罪

出会い系サイトで仲良くなった女性に、エロイ画像を送ってもらう事もあるかと思います。
例えば、胸の写メを送ってもらったり、中には動画を送ってもらう人もいるでしょう。
女性もエロイ自分を見て欲しいという願望がある人もいるので、結構気軽に送ってくれる人もいます。
そのような行動をする女性もまず悪いのですが、やはりその画像や動画をネットに流すという男性が今問題になっています。
そのように、女性から送ってもらったエロイ画像や動画を、本人の許可なく勝手に流す行為をリベンジポルノといいます。
元々は、交際していた時に撮影したエロイ画像などを、別れた腹いせにネットに流すという行為でリベンジポルノという呼び方をしていたのですが、出会い系サイトで出会った女性のものを流す行為も同じようにリベンジポルノと呼ばれるようになりました。
男性からすれば、軽い気持ちで流していると思います。
例えば、自分はこんなにエロイ画像を女性から送ってもらったという事を自慢したかったり、その画像をネットに売ってお金にしたりと動機は様々です。
しかし、これはもちろん犯罪行為です。
そして、その女性の人生を時にはめちゃくちゃにすることになります。
本人が気にするほど周りは気にしないかもしれませんが、画像を流された女性というのは、もう普通には生活が出来ません。
常に、誰か知り合いに画像を見られるのではないかという不安と共に生きていかなければなりません。
外国ではかなり深刻な問題になっており、中には耐え切れなくなって自殺をしたという女性もいるくらいです。
男性は軽い気持ちでも、女性の命をも奪いかねないという重大な犯罪だという意識を持たなければなりません。
ただ、やはり女性側ももう少し慎重になる必要があります。
そのようにエロイ画像を送ってくれといわれたからと言って、軽い気持ちで送ってはいけません。
せめて、顔は映っていないものにするだとかいう対策はするべきですよね。
このリベンジポルノに対しては、これから法規制もきっとしっかりとしていくでしょうから、今現在女性のエロイ画像や動画を持っている男性というのは、それは自分だけで楽しむに留めておくことを強くオススメします。

■未成年を誘うと犯罪

男性の中でも、未成年者がとにかく好きという人もいるかと思います。
つまり、ロリコンの男性です。
女子中学生や中には小学生と出会いたいという男性もいますよね。
未成年者というのは、出会い系サイトに登録をする事が出来ませんし、出会い系サイトで出会うのは難しいですが、出会い系の登録が必要ない掲示板では未成年も利用をする事が出来ます。
しかし、未成年を守るという法律はいくつかあり、未成年者を誘うような書き込みをすると、それだけで犯罪になってしまいます。
そこで実際に会った、会わないという事は関係ありません。
例えば、「JCからの連絡待ってます。一緒に遊ぼう」みたいな書き込みをした時点で、もう犯罪者となり、逮捕されるという事になります。
書き込みをしただけで、実際に会うつもりはなかったというのももちろん通りません。
未成年というのは、何かと法に触れる事が多いですから、なるべく回避をした方がいいでしょう。
未成年者側から誘われて、体の関係を持ったって、それは淫行になってしまいます。
本当にロリコンで、未成年者にしか興味がないという人は一度精神科で治療をしてみてもいいかもしれません。
ロリコンというのは実は一種の精神病だといわれていて、治療をすれば治るといわれているのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ